本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 制作理念、こだわり

制作理念、こだわりCONCEPT


お子様が生き抜く強さをもつ人間に育つよう、スケール大きな原風景を

私、辰昇(しんしょう)は、ここ福島県で継承されてきた伝統文化『絵のぼり』を大切に、お子様が生きぬく強さ・軸となる心・前に進む豪快さを持つ人間に育つよう、スケール大きな原風景をお届けしたいと思っております。
そのため躍動感あふれる品を産み出すべく、先人の卓越した筆さばきに学び研鑽しています。
「絵柄のストーリー」「勢いある線描」「洗練された色彩」「大胆な構図」…
一人の人間には産み出せない伝統文化の豊かさを、お子様へ伝えたい。
当工房は手仕事の原点に立ち返り、労力を惜しみません。

絵のぼりの盛衰

「絵のぼり」は、江戸初期に始まりました。
武家の旗指物(戦場の旗)が端午節句用に変化したもので、かつては全国的な文化でした。
江戸中期には『鯉のぼりが絵のぼりの付属品として誕生』しましたが、武家社会では武具由来の絵のぼりが花形だったのです。
浮世絵師などの町絵師が華麗な絵を創出し、化政文化に最盛期を迎えました。

やがて明治後期に大量生産品が登場、さらに戦後ベビーブームで「早く安く」が主流となり、洗練が失われていきます。
手仕事の本質から外れた絵のぼりは、世間の関心を失うことになりました。
『日本にこんな景色があったのか!』と、知られざる魅力を多くの皆さまに再発見していただけるよう、取り組んでまいります。

制作を始めたきっかけ

辰昇(しんしょう)は幼少時より絵を志していました。
高校を中退しスケッチに励む日々のなか、祖母が生業としていた「絵のぼり」に可能性を見出します(故宇佐美しずえ/いわき市無形文化財)。

もともと江戸期の端午節句には、一流絵師(北斎など)から村の絵描きまで、男児成長祈願をテーマに『巨大キャンバス / 絵のぼり』に腕を振るっていました。
町中で「手描きの豪快な絵画が大空にはためき」、まるでアートフェスタのようなワクワク感にあふれていたのです。
わたしは祖母の大きな絵のぼりから『現代の常識を上回る豪快なスケール感』を感じ取り、魅了されました。

当工房のこだわり

学業を修め直し絵師の道に入ったものの、当時を取り巻く環境は「早く安く」が主流でした。
『江戸期のように、大人も鑑賞できる精魂込めた作品を届けたい。』
と考えた私は、先代と先々代の作品に学びながら、文化のピーク 「 江戸期の絵のぼり」を手元におき、約15年以上研鑽してきました。

鯉のぼりはその悠々と泳ぐ姿でお子様を楽しませます。
いっぽう絵のぼりは、図柄の由来や制作方法など、様々なポイントを選択するため、お子様への「メッセージ性」が強くなります。
大きくなった感性豊かなお子様は、親が初節句に託した想いに関心を抱くもの。
将来が不透明な現代、お子様がみずから未来を切り開き力強い成長をされるよう、スケールの大きな原風景をお届けしてまいります。

2020.1.9 いわき絵のぼり吉田 三代目絵師 辰昇

  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 制作理念、こだわり

バナースペース